2009年10月、マレーシアのクアラルンプール国際空港にて、覚醒剤およそ4キロが入ったスーツケースを持ち込んで、逮捕・起訴されたあの事件・・・・覚えていますか?
マレーシアでは薬物犯罪に厳しくて、密輸で有罪が確定した場合、一律に死刑が適用される・・・ということもあり、「知人に頼まれて荷物を運んだだけで、中身は知らなかった」という竹内被告の主張は退けられ、死刑判決が下されました。

竹内真理子被告

そもそも「中身は知らなかった」なんて言葉を誰が信じるでしょう・・・。
恐らくどんな人でも使うだろう・・・と思われるこんな言葉・・・・全く無意味です。

しかも、荷物を知らないと言ってるわりに、荷物の底の方に見つからないように隠していたわけでしょ??
怪しすぎでしょ??

携帯電話も4つ所持していたって言うしね。

仮に本当に知らなかったとして、荷物が分からないようなものを安易に他国に運ぶという行為がダメですよね。

しかも何度も渡航しているわけでしょ?
金目当てでやっていたに他ならない常習者でしょう。

死刑は免れないですよね、どう考えても。

マレーシアの対応は適切だと思います。


Sponsored Link