巨人の野球賭博問題がだんだん大きくなってきました。
プロ野球の巨人から福田聡志投手(32)が野球賭博に関与していた・・・・という告発を受けて日本野球機構(NPB)は調査を行っていましたが、調査委員会は21日に発端となった福田投手以外にも、新たに笠原将生投手(24)と松本竜也投手(22)が関与していたことを発表しました。

福田投手
福田投手

さて、この野球賭博・・・。
八百長したしないに関わらず日本では禁止されています。

勿論八百長していたら更に重い罪ですが・・・。

まぁ、なんにしてもプロ野球全体でかなり大きなイメージダウンですね。

Sponsored Link

高校野球や大リーグは勿論、日本のプロ野球・・・それも自分の所属チーム分も含めて賭博を行っていた訳ですから、もうプロ野球関係者はショックでしょうね。

しかも当初発表のあったのはこの福田聡志投手だけでしたが、その後の調査で笠原将生(しょうき)(24)と松本竜也(22)の2投手も賭博行為をしていたことが分かったと発表しています。

元々賭博を進めた方を紹介したのが笠原将生投手ということでしたので、怪しいとは思っていましたが、正式に発表になりましたね。

笠原投手と松本投手については巨人戦での賭博は確認できていない・・・との事ですが、野球賭博自体が禁止されているのでダメですね。

笠原投手
笠原投手

松本投手
松本投手

ちなみに福田、松本両投手は今季、1軍登板はありませんでしたが、笠原投手は20試合に登板しています。
ここらへんも処分の内容に違いが出るかもしれませんね。

ただ、スポーツって勝てば良いというものではありません。

応援してくれるファンがあってこそ成り立つものです。

果たして今まで応援していたファンの方が引き続き応援してくれるのか・・・・・そこは疑問です。

単純に巨人を応援していた人・・・・それからプロ野球を応援していた人も、嫌になって離れていくかもしれません。

これから高橋由伸を新監督に迎えて盛り上がるか・・・・・という時に大変な問題が出たもんです。


Sponsored Link