『首都圏中央連絡自動車道(圏央道)』で桶川北本IC(埼玉県桶川市)-白岡菖蒲IC(埼玉県久喜市)が10月31日午後3時に開通し、埼玉県内の圏央道が全面開通しました。
桶川北本ICの間には新たに桶川加納ICが開通し、これで圏央道の総延長300キロのうち約8割が通行可能になりました。
これによって東名、中央、関越、東北それぞれの高速道路が直結して非常に便利になりました。

桶川加納IC開通の様子はこちらです。

こちらは開通式典の様子

圏央道の埼玉県エリアの地図はこちらです。
圏央道開通

ちなみに桶川ICと白岡菖蒲ICの間には菖蒲PAも開設され、フードコートやショッピングコーナーも併設されています。
また、ガソリンスタンドも24時間営業で開始しました。

結構便利になりますね^^


Sponsored Link