パリ同時多発テロに対してハッカー集団の『アノニマス』が過激派組織『イスラム国」』対して、サイバー空間での宣戦布告をしたことが11月17日にわかりました。
ちなみにYoutubeで投稿された声明は下記の通りです。
フランス語ですが、『戦争は宣言された。準備も整っている。世界中からのアノニマスがお前たちを捕らえるだろう。お前を見つけ、そして放しはしない』

これによってイスラム国へのサイバー攻撃を宣言しました。

アノニマスと言えば、国際的なハッカー集団で、自分達の事をハクティビスト(ハッカーとアクティビストからなる造語らしい)と名乗って、全世界のネットワーク網を利用し、駆使して政府の機関や様々な団体に対してサイバー攻撃を仕掛けている集団です。
彼らが公の場に現れる際には決まって仮面をかぶっています。

アノニマス

アノニマスがどういう集団なのか?また、今までに起こった幾つかの話をこちらに載せます。

○誕生したのは?
誕生したのは2003年頃と言われています。
Anonymousは元々4chanという匿名の掲示板(オンラインフォーラム)から発生したと言われていて、ハッカー達が交流の場として語っている中で、ネット社会における言論の自由を訴えるようになってきて、その活動が政府機関や各団体へと攻撃するようになっていったようです。

○人数は?
詳細は不明ですが1000名程度と言われています。

○リーダーは?
アノニマスは特定のリーダーがいない、全員が対等の立場で参加している、と言われています。

○アノニマスという集団の目的は?
「ネット上における表現の自由を守るため」と言っていますが、今回のようにそれだけにとどまらない部分もありそうです。

あてにならない国や警察などに頼らず自分達のサイバー技術をもってして、許せない奴等に自分達なりの攻撃を仕掛けてぶっつぶしてやる!って感じでしょうか・・・。

○今までどういう事をやってるの?
・オーストラリア政府への攻撃
インターネット規制に抗議する形で、オーストラリア政府に対してサイバー攻撃とデモなどの合法的な抗議活動を行っている。

・チュニジア、アラブの春
2010年から2011年にかけて起こったアラブ世界での反政府デモや騒乱(アラブの春)に関連して、アノニマスも活動を行ったと言われています。
チュニジアで起こった『ジャスミン革命』における情報統制に関連して、8つの政府のウェブサイトがアノニマスのDoS攻撃のターゲットとなり、アノニマスは自らの作戦を『オペレーション・チュニジア』として、チュニジア政府の規制に対する非難声明を記す形で政府のウェブサイトを書き換えています。

・メキシコ麻薬組織への対抗
2011年10月6日、アノニマスのメンバーと名乗る者が、メキシコの麻薬組織セタスにさらわれた仲間を助ける為、セタスに協力している人物の情報を公開するとYouTube上にアップロードした動画で脅した。これによって、2011年11月4日に仲間が解放された。

・違法ダウンロード刑事罰化への対抗
2012年6月20日に日本で可決された違法ダウンロード刑事罰化に対する抗議活動を行うことを6月23日に宣言し、26日に財務省、自民党、民主党などの公式ウェブサイトをダウンさせ、翌27日には日本音楽著作権協会(JASRAC)の公式ウェブサイトをサーバダウンさせている。

・カナダでの少女に対するネットいじめの犯人探し
カナダの15歳の少女がネットいじめによって自殺したことを受けて、アノニマスはいじめの主犯格とされる男の名前と住所をネット上に公開した

等々

これらは一部ですが、例えばネットいじめの犯人探しなど、「よくやった!」と言う方も多いかもしれません。

一部行き過ぎなところもある場合もありますが、法に代わって自分達の判断で悪を打つ・・・という側面も持っているような気がします。

今回このアノニマスがイスラム国をターゲットにしました。

彼らの情報網を使う事で犯人達が次々と明るみに出るのでは・・・・・と考えます。

この後どうなっていくのか、もう少し様子を見てみましょう!


Sponsored Link