同時多発テロからまだ数日しか経っていない状況の中、パリ行きの2便に爆破予告を受け、ワシントン発の便はカナダのハリファクスに、ロサンゼルス発の便はアメリカのソルトレークシティにそれぞれ緊急着陸しました。

こういうのは序の口で今後いろいろと起こるのかもしれません。

エアフランス緊急着陸

イスラム国(IS側)は同時多発テロは起こし、それによりフランス、ロシア、アメリカ、イギリスなどの国々は共同作成を展開してシリアに対して空爆を行う方向で進めています。
ハッカー集団アノニマスはサイバー攻撃をISに対して行うと言っていますし、今後どうなっていくんでしょうか・・・。

恐いのは誤爆など、関係の無い人々が巻き込まれた場合です。

IS側としてはそんなものは何も恐れていないかもしれませんが、各国はそういうわけにはいきません。

慎重な行動が予想されますが、そうなるとISを殲滅させる・・・という行動がやや抑制されるかもしれません。

関係の無い人達は巻き込んでほしくないですが、ISにも逃げられてはほしくありません。

ここでキーになるのはやはりアノニマスなのかもしれません。

彼らの情報網で居場所などを特定して逃げられないようにできれば・・・・・。

それにしてもテロはなんで起きるんでしょう・・・。

イスラム国と名乗っている以上イスラム教徒達もかなり迷惑しているでしょうし、なんとか平和な世の中になってほしいです・・・。

こちらは海外でのニュースです。


Sponsored Link