先日のNHK杯での興奮がまだ冷めていない状況の中、またすごいことをやってくれました。
なんと2015年フィギュアスケートGPファイナルのSP(ショートプログラム)の得点が110.95点!!

羽生結弦2015GPファイナルSP

この前の鳥肌が立ったNHK杯の時でさえ106.33点だったのにそれを更に4.62点も上回るという驚愕の結果です。

ちょっと圧倒的です。
2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が91.52点ですから19.43点も差がついてるんですからね・・・。

早くライバルが現れてほしいですね・・・。

私がライバルとして早く駆け上がってほしい選手はずばり宇野昌麿(中京大中京高)なんですが、今回は86.47点で4位に終わりました。
ちょっと転倒もしちゃいましたしね><

宇野昌磨の2015GPファイナルSP

でもしなやかな身体の表現力という意味では負けないと思います。
これからジャンプは更に磨いていっていければきっと面白くなるかな・・・・・って^^

二人の動画はこちらです。

●羽生結弦選手の2015GPファイナルのSP動画(110.95点)

●宇野昌磨の2015GPファイナルのSP動画(86.47点)

羽生選手の優勝はほぼ決定的と言えますが、2位、3位争いは結構熾烈ですよね。

宇野選手のメダル獲得にも期待しています。

フリーの演技も楽しみですね。

いったい何点が出るのか・・・


Sponsored Link