ダルビッシュが実に658日という途方もない休養を経てメジャーの舞台で復活登板しました。

もちろん、休養というか怪我が原因なので本人も待ちわびた登板だったでしょう。

ダルビッシュ

昨年3月に右ひじ靱帯再建手術を受けてから初のメジャーでの登板ですからね。

そして結果は5回を1失点で抑え、150キロ以上のストレートも織り交ぜてました。

最速は158キロ!と圧巻でした。

20イニングを投げて防御率0.90ですから、復帰後の登板の内容としては良い感じですよね。

今後も期待を持てる内容でした。

今回ダルビッシュの相手をつとめたのは先日タイガースから移籍したウィルソン捕手33歳です。

今後もこのウィルソン捕手が女房役をつとめるんですかね??

そこはまだ未知数です^^


Sponsored Link