キングコング西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプペル』と言えば、23万部を売り上げたベストセラーですが、この本をなんと!!ネットで無料公開するというすごいことをしました!!
この絵本はまだついこの間発売されたばかりのものです。

こちらから閲覧できます。
http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909

Sponsored Link


一冊2000円で2016年10月21日に幻冬舎から発売されていました。

 

それがまだ3ヶ月という短い期間しか経っていない状態での無料公開というのは西野さんらしい、はちゃめちゃな行為です。

2000円は高い!という小学生の声に応えて・・・・ということですが、案の定・・・というか、Yahooニュースのコメントでは批判的なコメントが非常に多く、ちょっとかわいそうになりました。

キングコング西野

 

私は自分で買おうとは思っていなかったけれど、今回こういう機会をもらえてWebで見ることが出来てとっても良かったと思ってます。

 

思ったよりもクオリティが高い!!
そういう印象です。

 

内容がありきたりだ!と批判もそこそこありましたが、私はそのありきたりな流れが好きです。

世の中ありきたりなものばかりで溢れているのに、それを理由に彼を批判することは私にはできません。

既に発売されたものを3ヶ月で無料公開するのは、買った人がかわいそう・・・・そんな声もありました。

キングコング西野

まぁ、これは確かに一理ありますね。

 

でも、そういう事って結構無いですか?

 

iPhoneのアプリだって、期間限定で無料になったりする事もありますし、多くの方に見てもらう・・・・という事を考えた時に、非常に有効な手段だと思うし、すごい!と私は思います。

 

また、この作品はイラストレーター33人が参加して作成しているわけで、西野さん一人で作成したわけではありません。
そんな事から、無料公開したことで、クリエイターを殺す気か!という意見もありました。

 

・・・・が、製作スタッフには最初の段階で報酬は支払い済みという事がブログに書かれていますので、私は関係無いと思います。

 

逆にこうして広まる事で、この作品を手がけたイラストレーターの一人なんだ・・・と言って知ってもらえるという方が大きいと思います。

 

無料公開しているサイトも広告が載っているので、広告で稼ぐなんてやらしい!!そんな声もあるんですが、正直言ってほとんどのWebページがそうですよ・・・・と言いたいです。
芸能人のブログだってみんなそうじゃん・・・・と。

 

まぁ、私にとっては何も気になる部分は無いんですが、恐らく単純に彼が嫌われているからなのかもしれません(笑)

キングコング西野

嫌いな人が何をやったって、そりゃあ気に入らない訳です。

それが人間の心理ですよね・・・。

色んな考えがあって私は良いと思うので、それはそれでいいんですが、あまりにも批判ばかりでちょっとかわいそうになりました。

 

私自身は絵本も素敵だなと思ったし、今回の彼の行動もアッパレ!と思いました。

バラエティ番組での生意気なところはあまり好きではないですが、今回はちょっと好評価です^^

ただ、わざわざ敵を作るようないいまわしとかはそろそろ控えた方がいいんじゃないかなぁ~とは思います。

 

でも、ちょっと彼の絵本に興味を覚えたのは事実です。

=>これもすごい!

キングコング西野さんが自腹で絵本を購入したえんとつ町のぷぺる

私の子供達にも買ってあげようかなぁ~という気持ちになりました。

 

西野氏の絵本

えんとつ町のプペルでまず無料で見てもらい、興味を持ってもらった方は別の本も気になりますよね・・・。

いや、私もなんですけど^^

西野くん、やりますね^^


Sponsored Link