JASRAC(日本音楽著作権協会)と言えば、音楽の著作権を管理する団体です。
著作権は非常に大事ですし、守られなければならないものだとは思いますが、今回このJASRACが発表した内容があまりにも行き過ぎた行為であると、批判にさらされています。

 

音楽教室側は法廷闘争も視野に入れているようです。

Sponsored Link


 

あなたはどう思います??

私は・・・・・。
そうですね。
やはり、行き過ぎだと思います。

 

元々ダンスやカルチャーでは著作権徴収となっていましたが、もうそれ自体がすでに私的には「ふざけんなっ!」と思ってました。

私の知り合いでも生徒側から、こういう曲で踊りたい!と言われても、そうすると著作権料が発生するから、生徒の負担も増える訳です。
それを親御さんに理解して頂くのがとても難しい・・・・ということを言ってました。

って言うか、そういうのに『著作権』を発生させるのってどうなの??
っていう気はずっとしています。

JASRAC問題

違法ダウンロードとか、勝手にそれを売ったりとか、そういうのは取り締まってくれていいと思うんですけど、私的には納得はできません。
いろんな考えはあるでしょうが。

 

たぶんピアノや他の音楽教室でも大変だと思いますよ。

 

やっぱり子供達がやりたい音楽をやろうとなると、どうしても値上げが発生します。

 

どういう形で著作権を取るようにしていくのか、そこがまだわかりませんが、度を過ぎた対応だと思います。

結構いろいろと公演をした団体とかに電話をしてくるみたいですよね。

著作権料払え!!

って・・・。

全然裏も取らずに・・・。

そういうのを昔から聞いていて、正直あまり信用できないんですよね・・・。

ただ、金を巻き上げようとしているようにしか見えなくて・・・・。

JASRAC正会員の及川眠子(ねこ)さんだって、『音楽教室で練習のために弾いたり歌ったりするものから、使用料をもらいたいと思ったことなどない』と言ってます。

もう少しよく考えてほしいですね^^

Sponsored Link