韓国のプロ野球選手李大浩(イ・デホ)選手が2017年1月24日にマリナーズから古巣のロッテ・ジャイアンツ(韓国)に復帰しました!
李大浩(イ・デホ選手と言えば、日本でもオリックスやソフトバンクでもおなじみで、それなりに好きだった選手でしたが、マリナーズへ行く際の本人の言動など、ちょっと納得できない部分もあり、私的には「うーん」という選手になってしまいました。

李大浩

シアトル・マリナーズではマイナー契約からメジャーにも上がりましたが、怪我や打撃不振などもあって、上がったり下がったり・・・という感じでしたよね。

Sponsored Link


結局わずか1年でアメリカの舞台からは引き上げる格好となったわけですけど・・・。

やっぱり合う、合わないってありますからね。

シーズンを通して結果を出すっていうのは難しいですよね。
しかも初年度なんてね・・・・。

もっとやる気があれば、もっとメジャーで続けていくことで結果も出そうですけど、1年で古巣に復帰する・・・ということは本人的にはいまいちだったのかもしれないですね。

李大浩

本人的には「『アメリカ(MLB)でのプレー』という夢を叶えたので、ロッテに復帰して(韓国シリーズの)チャンピオンになることが次の夢になったから」と話していますが、これは本当かもしれませんね。
メジャーでプレーしてみたけど、本人的には、「もうメジャーでやったしいっか?」そんな感覚だったのかもしれないですね。
やることやったし、後は自分が気持ちよくプレーできるのが一番!そう思っても不思議ではありません。

併用起用されることも多くて面白くなかったんじゃないですかね^^

つまり『挑戦』はもう終わり!
って感じじゃないですかね・・・。

まぁ、もう年齢も34歳ですしね。

いいと思います。

でもすごいですよね。

この年齢でロッテと4年契約150億ウォン(約14億5千万円)で契約するわけですから・・・。

韓国での人気の高さがうかがえますね^^

日本でもソフトバンクともっとスムーズに別れていたら・・・・とは思いますけどね。
それでも日本球界からロッテや阪神、楽天といったチームからオファーがあったと言いますからね。
しかも韓国のロッテよりも金銭的には好条件で・・・・。

私的には「うーん」という感じですが、やっぱりポテンシャルの高さはありますもんね。

李大浩

日本球界ではなく、韓国球界に復帰したということで、今後はあまりニュースにも出てこないかもしれませんが、良い意味でいろいろと騒がしてほしいですね^^

Sponsored Link