セントラルスポーツ所属の畠田瞳さん、勿論ご存知ですよね??

Sponsored Link


父の畠田好章さんはバルセロナオリンピック団体銅メダリストですし、母の畠田友紀子さん、旧姓(磯兼友紀子)も元体操選手です。
日本体育大学出身で大学選手権では1993年に個人総合4位(種目別では平均台で優勝)、1994年、1995年は個人総合3位になってますし、1996年の全日本社会人選手権でも個人総合3位、種目別では床で優勝してます。

父、母、それぞれの画像はこちらになります。

妹の千愛さんも体操選手です。
まだまだ16歳ですが、既に妹もやはり凄いです。
そして姉妹そろって、二人ともトップレベルでかわいいです。
今回はかわいいレベルが高いので画像も多めに紹介していきたいと思います。
こちらが姉の瞳さん
こちらが妹の千愛さん

天は二物を与えるんですね。
二人とも実力があってしかもかわいい!

勿論、相当の努力をしてきたんだと思います。

畠田瞳さんは広島で生まれ、東京の町田市で育ってます。
身長155cm、体重46kgで中学は町田市立南成瀬中学校、高校が日本体育大学荏原高等学校ですね。
そのまま大学が日本体育大学に行くのかと思いきや、早稲田大学に進学してます^^

母からのコーチを受けて・・・という環境を継続する為の選択だったようですね。
体操部には所属せず、母からのコーチを受けたい・・・という、ホント大好きなんでしょうね^^

そして指導者として母の事を尊敬しているのでしょう。

体操選手って結構小さい頃から始める人が多い中、瞳さんは小学3年生から、ということで体操選手としてはスタートは遅い方だったかもしれません。

それでもここまでの選手になってるというのは、相当の努力をしてきたんだと思います。
勿論、お母さんの指導も素晴らしかったんでしょう。

体操って観ててやっぱりドキドキ感が半端ないですよね。
実は私の親も昔、日体大で体操をやってまして、小学生の頃からバク転などを仕込まれた過去があります^^

その後、結局サッカーにはまってしまいましたが、体操は親の影響もあってやっぱりよく観ますよ。

って、脱線しちゃいました><

 

それにしても、この畠田姉妹の演技はキレイですよね。

ずっと観ていたいと思います。

かわいいし、演技もキレイでドキドキします。
ミスも少ないんですよねぇ~

内村航平の演技もドキドキしてずっと観ていたいですが、畠田瞳さんも観たいです。

演技後の笑顔やガッツポーズとか、私も観ててうれしくなる事があります。

あの笑顔はきっと地球がパワーくれますよ。

観てるみんなも笑顔にしてくれますもん。

東京五輪への出場も内定しましたよね。

五輪自体がどうなるかはまだわからない話ではありますけど、もしあれば観てるみんなを幸せにしてくれると思います。

天使です。

いや、ホント!!

内面からもそういうオーラ出てます。

最近は妹の台頭でちょっと焦りがありそうですが、ただ・・・・。
妹の事を一番応援しているのも瞳さんかもしれません。

姉妹っていろいろ複雑ですね^^

応援しつつ、ライバルでもあるわけです。

お母さんも大変かもしれませんね^^

がんばって、またみんなに素敵な笑顔を見せてほしいです^^


Sponsored Link

我らが天使の瞳さん、がんば!!

ずっと応援します!!