陸上の青山華依選手がかわいい!
これはきっとみんなが思っている事だと思います。

さて、そんな青山選手ですが、まずは軽くwiki的なプロフィール情報です。

Sponsored Link


簡単プロフィール

本名:青山 華依
読み方:あおやま はなえ
生年月日:2002年8月26日生まれ
身長:167cm
出身地:大阪府
出身校:高津中学校→大阪高等学校→甲南大学
100メートル自己ベスト:11秒56

大阪のプリンセスですね。

走るプリンセス♪

 

青山華依選手の家族情報

はい、なんと!!

華依選手のご両親も陸上をやられていたようです。

父が正一さんで、同じ単距離の選手でした。
記録も残していて、結構立派な記録を残しています。
1992年 日本陸上選手権大会 男子4×100mリレー 優勝
1993年 全国高等学校総合体育大会 男子4×100mリレー 優勝
1997年 日本学生陸上競技選手権大会 男子4×100mリレー 4位

華依さんが4×100mリレーをやる流れは父からって感じですね^^

そして、2019年から大阪スプリントという陸上クラブを設立して代表をしています。
陸上の短距離種目(100m、4×100mリレー)に特化したクラブです。

大阪市の天王寺区と中央区をホームグランドにしています。

こちらがクラブのサイトになります。

https://osakasprint2019.wixsite.com/website

母が尚美さんで、走り高跳びをされていたようです。
尚美さんは岐阜県の強豪校大垣商業高校でやられていました。
尚美さんもやはりまたすごいです。

1990年 西濃地区高等学校総合体育大会で1m65cmの大会記録
1991年 西濃地区高等学校総合体育大会で1m80cmの県高校記録を樹立

まさに陸上一家の家族ですね。

二人のなれそめはわかりませんが、二人とも大学が中京大学なので、そこで知り合い、夫婦になられたのかな?と思われます。

そして、兄弟、姉妹は特にいないようです。

・・・で、彼氏は?
というと、そういう情報は無さそうですね^^

勿論、実際のところはわからないのですが、今のところそういう噂は無さそうです。

まぁ、彼氏になりたい人はたくさんいるんでしょうね^^

 

東京五輪での代表選出

18歳にして、東京五輪の4×100mリレーの代表に選ばれました。

ポーランドで行われた2021年5月のシレジア2021世界リレーで決勝進出したことで東京五輪の出場権を獲得しました。

 

4人のメンバーはこちらです。

青山華依(甲南大)
兒玉芽生(福岡大)
齋藤愛美(大阪成蹊大)
鶴田玲美(南九州ファミリーマート)

それぞれの100mのベストタイムはこちらです。

青山華依 11.56秒
兒玉芽生 11.35秒
齋藤愛美 11.57秒
鶴田玲美 11.48秒

そしてこの4人で先日行われた大阪選手権でオープン参加して予選でこの記録を叩き出しました。

43.87秒

 

本番でもこの記録が出せれば勝負はわからないですね^^


Sponsored Link